Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Typescriptのデモコード

型の宣言ができるとかそういうのは置いておいて、
デモコードが行儀よかった。


var Greeter = (function () {
    function Greeter(message) {
        this.greeting = message;
    }
    Greeter.prototype.greet = function () {
        return "Hello, " + this.greeting;
    };
    return Greeter;
}());
var greeter = new Greeter("world");
var button = document.createElement('button');
button.innerText = "Say Hello";
button.onclick = function () {
    alert(greeter.greet());
};
document.body.appendChild(button);
// はてな記法デビュー!



これに影響を受けてダーツボードのコードを書きなおした。


次はthrow errorをもっとマメにやってテストしやすいコードに〜。

JavaScript: The Good Parts ―「良いパーツ」によるベストプラクティス

JavaScript: The Good Parts ―「良いパーツ」によるベストプラクティス