Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

組織におけるread/write権限とオープン化みたいな

そこそこ大きな組織において、
自分の持ってるread権限とwrite権限はしばしば異なる

見たり聞いたりする話、あるいは単発で巻き込まれる話
通常業務でやるべきこと

当然開きがある。


見たり聞いたりした問題があって、自分なら解決できるなぁっていうとき
その人にwrite権限が無いとき

掛け合うと多かれ少なかれ摩擦が発生するので
解決を諦めて見なかったことにするのが良さそうってなるの本当にもったいない。


やればいいじゃん、って思うけど
それって、評価を諦めて正しいと思うことを実直にやってくしかなくて
結果として大きな効果(派手な見た目)がないと、評価は下がる一方になる。


オープン化が大事って話をよく見かけるけど、
こういうことがあるので、read権限とwrite権限は適切に付与しなきゃいけない。


でもでも
それを推進するようなwrite権限がそもそも自分にないので、
自分に目隠しをしたいなぁと悩むことが増えた。